麗華のプリティーシリーズ メモメモです

ギャラクティカ な~いな~い、メモメモです

プリティーシリーズのまとめ ~プリリズ編~

プリティーシリーズの歴史(?)的な何かを書いていきます。
これからも追加されるかもなのでそのときは編集しておきます。

プリティーリズム時代概要
プリティーリズム・ミニスカート』(Pretty Rhythm: Mini Skirt)
は2010年7月15日の「シーズン1 夏コレクション」より稼動開始
テレビアニメの放映開始に合わせて2011年4月に稼動を開始したシーズン4より
プリティーリズム・オーロラドリーム』(Pretty Rhythm: Aurora Dream)にリニューアル
2012年4月のシーズン9より、テレビアニメ第2期の放映開始に合わせて
プリティーリズム・ディアマイフューチャー』(Pretty Rhythm: Dear My Future)へ全面リニューアルされると共に、
筐体や関連商品の販売・サポートがタカラトミーから子会社のタカラトミーアーツへ全面的に移管。

プリティーリズム時代詳細

f:id:wazakurareka:20200705105431j:plain

プリティーリズム時代の簡単年表

これだけじゃわからないので詳しく

ミニスカート時代(Pretty Rhythm: Mini Skirt)
シーズン1 - 3のゲーム開始時点ではプレイヤーキャラクターはりずむ1人しか選べなかったが、別売のプリズムメモリーパスでプレイ履歴を保存している場合はランクアップに伴いかのんとセレナがスペシャルストーリーで登場し、選択可能になる。
シーズン2「秋コレクション」では、プレイヤーに「ミニスカート」キャラクター(みゆみゆ、はるぅ、なんちゃん)が登場する「プリティーリズム・ミニスカートであそぶ」モードが選択可能になり、プリズムストーンのブランドに「ミニスカート」が追加された。「ミニスカートであそぶ」モードは通常のゲームとルールや操作方法は同じだが、ステージは「こんやデビュー! "ミニスカート"」、曲は「ミニスカートのようせい」で固定されている。シーズン2稼働中の2010年12月17日に新ステージ「パウダースノーパーク」が追加された。

 

オーロラドリーム時代(Pretty Rhythm: Aurora Dream)
シーズン4ではテレビアニメの放映開始に合わせた大幅なリニューアルが実施され、りずむの声優が伊藤かな恵からアニメに合わせて原紗友里に変更されると共に、アニメの主人公・あいらがゲーム開始時点より選べるプレイヤーキャラクターに、横浜のランドマークプラザに開店した同名の店舗をモデルとする「プリズムストーンショップ」が新ステージにそれぞれ追加された。リニューアルに伴い副題が「ミニスカート」から「オーロラドリーム」に変更されたが「ミニスカートであそぶ」モードは、前シーズンに引き続いて搭載されていた。 ゲームシステムでは「Duoモード」が新たに追加され、2人同時プレイが可能になった。また、ゲーム終了後に他のプレイヤーのコーディネートが表示され、3種類の中で一番気に入ったコーディネートのプレイヤーに「ファンレター」を送る「おしゃれ投票システム」が追加された。プレイヤーがプリズムメモリーパスを持っている場合はファンレターをもらうとポイントが加算され、通常のランクとは別の「おしゃれランク」がアップして行く。シーズン4稼働中の2011年7月16日に新ステージ「サンセットビーチ」が追加された。シーズン5ではシーズン2 - 4の「ミニスカート」に代わり、新たに「サプライズ」がプリズムストーンのブランドに追加されている。
また、プリズムストーン裏面「オススメコーデ」のモデルがシーズン4までのりずむからあいらに変更された。なおシーズン8のRONIブランドはりずむ、MARsブランドはりずむ・あいら・みおんがそれぞれの衣装のモデルを努めている。 シーズン4までは「©TOMY / SynSophia」と記されていたプリズムストーン著作権表記もシーズン5以降は「©T / S / TX / PRA」に変更された。シーズン7では大幅なバージョンの更新が実施され、ミニスカートモードが廃止されると共にゲーム開始時点より選べるプレイヤーキャラクターとしてみおんが追加された。また、ダンスゲームの譜面が調整・変更されると共に新たなアクションとして「サプライズジャンプ」、新たなランクとして「メダル」がそれぞれ追加されている。

ディアマイフューチャー時代(Pretty Rhythm: Dear My Future)
2012年4月26日稼働開始のシーズン9よりテレビアニメ第2期の放映開始に合わせた大幅なリニューアルが実施され、追加キャラクターとしてPrizmmy☆のみあ・かりん・あやみが登場した。また5月にはれいな、6月には「MARs&プリズムスターであそぶ」にかなめがそれぞれ中途追加された。新ステージとして「プリズムフューチャーアリーナ」が追加された。システム面では新アクション「プリズムアクト」が導入されると共に、
シーズン4以降の「ファンレター」機能の名称が「ファンコール」に変更され、プリズムショー前にあった4コマ漫画風のストーリーパートが廃止された。 プリズムストーン裏面「オススメコーデ」のモデルはシーズン9まであいらで、シーズン10からみあに変更された。他に、普段そのアイテムを着用しているキャラクターがモデルを務めることがあり、クールブランドをめが姉ぇ、シーズン9のスターブランドのうちそれぞれの衣装をりずむ・あいら・みおん、スターブランドの一部をれいな、シーズン10のスターブランドの一部とクールブランドをヘイン、ラブリーブランドの一部をあいらが務めている。 シーズン9以降プリズムストーン著作権表記が「©T2A / S / TX / PRD」に変更された。 シーズン9稼働中の2012年6月15日よりモバイルクラブ会員がQRコードを読み取った際にコーデが自動登録される「ウェブファッションショー」がプレオープンした。7月19日稼働開始のシーズン10より、 シーズン9のPrizmmy☆に続きPURETTYのヘインとシユンが登場。8月11日からはソミン・チェギョン・ジェウンが追加された。また、シーズン10より新たにゲーム内で特定条件を満たすと「ギフト」が追加されて行く「プリズムコレクションページ」機能と、スマートポッドタッチとの連動機能が搭載された。

レインボーライブ時代(Pretty Rhythm: Rainbow Live )
テレビアニメ第3期の放映開始に合わせ、2013年4月18日リニューアルを実施。ナンバリングがセッション01からリセットされ、プレイヤーキャラクターとしてなる・あん、6月6日よりいとが追加、セッション02からはべる・おとは・わかなの順で毎月1人ずつ追加された。また期間限定でりんね・ジュネでもプレイできる。キャラクター選択画面はそれぞれ「レインボーライブスターズであそぶ」・「ディアマイフューチャースターズであそぶ」・「オーロラドリームスターズであそぶ」として再編成された。新ステージとして「プリズムLIVEスタジアム」が追加。ゲーム難易度に一部変更があり「すごくむずかしい」モードが廃止され「ノリノリ」モードと同じくおてほんのない「かんたんノリノリ」モードが追加された。セッション03での変更については後述する。 プリズムストーン・ゲーム画面・システム面で大きな変更があった。

プリズムストーン
ストーンのデザインとレアストーンに印刷される模様に変更があった。セッション01からは、全てのストーンがシーズン11に追加された「ピュアストーン」と同じデザインになった。シール面にレアリティを示すアイコンが追加され、「N(ノーマル)」・「R(レア)」・「SR(スーパーレア)」・「PR(プリティーレア)」の順にレアリティが高くなる。

ゲーム画面
背景やボタンなどのデザインがリニューアルされた。キャラクター選択画面ではこれまで画面左側にキャラクター名・右側にキャラクターがアニメーションで表示されていたものが静止画の一覧に変更された。コーデ作成画面に「コーデ判定アイコン」が追加され、ボーナスやサプライズジャンプの回数などが分かりやすくなった。プリズムジャンプがランダムになったことによりコーデ作成画面で表示されていた「ジャンププログラム」は表示されなくなった。

プリズムジャンプ
セットしたストーン(ブランド)の組み合わせによってプログラムが決まっていたジャンプはブランド別に再構成され1回目がシューズ、2回目がボトムス、3回目がトップスのブランドによってどのジャンプになるかランダムになった。得点は何回目のジャンプかによって固定されている。これまでは進化すると飛べなくなっていた進化前のジャンプも再構成されたことにより飛べるようになった。4回目のジャンプは新たに導入された「セブンスジャンプ」となる。種類は後述する「ペアとも」で決まり、「ペアとも」が進化すると得点が上がる。レベル7のペアともを複数育てている場合、セットしたストーンのアクセサリーのブランドに対応したセブンスジャンプとなる。

プリズムライブ
「プリズムアクト」が廃止され、同条件で遊べる新たなアクション「プリズムライブ」が導入された。ジャンプと同じように、翼の形をした赤と青の「フェザー」の動きに合わせて対応するボタンを押しジャンプのみを繰り返し再演する「アンコール」に似たアクション。最高8連続ジャンプに挑戦できる。セッション03での変更については後述する。

プリズムライブツアー
期間限定で開催される筺体イベントで、キャラクターとの対戦を模したプレイができる。対戦するキャラクター・ステージ(BGM)・目標点数が決められており、全4ステージをクリアすることで楽曲が先行解放され、デジタルアイテムの「プリズムフェザー」がプレゼントされる。

ペアとも育成
得点を貯めることでペアともを育成できるシステム。新セッション稼働時にどのペアともを育成するか選択できる。リズムゲームの4回目のジャンプで選んだペアともに対応する「セブンスジャンプ」を飛ぶことができ、、ペアともが一定のレベルまで成長するとジャンプが進化して得点が上がる。

レインボーライブデュオ時代(Pretty Rhythm: Rainbow Live Duo)
2013年10月3日稼働開始のセッション03からタイトルが「プリティーリズム・レインボーライブデュオ」に改められDuoモードにもプリズムライブが導入されるなど大幅な変更があった。ソロモードと同じくプリズムジャンプの再編成があり、1回目は青ボタン側・2回目は赤ボタン側のコーディネートにセットされたトップスのブランド、3回目はプリズムメモリーパスのランク、4回目は青ボタン側が選択したキャラクターのブランド属性によって決まる。ペアとも育成の新要素「ペアともフレンドポイント」はDuoモードでしか貯められない。ペアともフレンドポイントを貯めることでセブンスジャンプがさらに進化する。また、DuoモードでもQRコードが表示されるようになりウェブ・ファッションショーに対応した。ソロモード・Duoモード共にリズムゲームにも大きな変更があり2回目と4回目のダンスパートはこれまで時計のような形をしていた譜面から針がなくなり周囲をハート型のカーソルが回る形式に変更、1回目と3回目のダンスパートは新たに追加されたラインタイプの譜面で左右から流れてくる赤と青のハートが中心で重なった際にボタンを押す。ゲーム難易度から「おてほんなしでれんしゅう」モードとセッション01で追加された「かんたんノリノリ」モードが廃止され、「すごくむずかしい」モードが復活した。プリズムライブの上限が10連続となり、連続ジャンプの成功・失敗に関わらず最後に「レインボーフィニッシュ」が飛べるようになった。

オールスターレジェンドコーデ編時代(Pretty Rhythm: All Star Legend Coord Edition)
2014年4月17日稼働開始の最終バージョン。セッション05まで行われたナンバリングは実施されていない(通算19期)。ゲームシステムは「プリティーリズム・レインボーライブデュオ」から大きな変更はないが、プリズムストーンのコーデに前期まで存在していなかった「フルコーデ」が追加された。

 

 

本バージョンで全国稼働していたアーケードゲームシリーズは終息。後継作である「プリパラ」が2014年7月10日稼働開始することで引き継がれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5000字を越える記事となりました!

プリティーリズムはそんなに情報の追加はないと思いますが、10周年として復刻してほしい!と密かに思っています。

もちろんプリパラやプリチャン編もやりますのでよろしくお願いします!